【忍び寄る影】「12モンキーズ」シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

ゴインズが死に、ウイルスの鍵となる人物がゴインズの娘であるジェニファーであることを知り、コールはジェニファーを探しに2015年のフィラデルフィアの精神科病院に訪れる。

【忍び寄る影】「12モンキーズ」シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

スポンサーリンク

「12モンキーズ」シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

コールは疫病を食い止める鍵はリーランドゴインズではなく、12モンキーズであったと知った。コールとカサンドラは実行犯と見られる12モンキーズの行方をさぐる。

コールとラムゼは12モンキーズの調査にでる。12モンキーズのシンボルは東京やニューヨークや感染率の高い都市で発見されている。

12モンキーズが大都市を狙ったのはより大きな被害を与えるためだとカサンドラは考えた。そして、組織と関係がありそうな2015年のフィラデルフィア精神科病院248号室の患者ジェニファーを追うようコールに頼んだ。

スポンサーリンク

しかし、コールは2006年の北朝鮮にたどり着いてしまい、カサンドラは軌道修正し、フィラデルフィアにコールをおくった。

ジェニファーに会ったコールは12モンキーズについてきくと、何も教えてくれず警備員に捕まってしまった。

再度ジェニファーにきくと、13歳のとき父の研究所で薬を服用しながら働いていたという。そしてあるとき、彼らがある薬を探しにきた。星がいっぱいのナイトルームにその秘密は隠されているとジェニファーはいう。ジェニファーは同僚が殺されているシーンをみてしまい、頭がおかしくなってしまった。そして、そのときジェニファー以外で唯一逃げていった人が1人いて、彼らはナイトルームの場所を探していた。

【忍び寄る影】「12モンキーズ」シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】
それ以来、ジェニファーは773日も精神科病院に閉じ込められている。ナイトルームは土の中に埋まっているという情報だけ得て、ジェニファーはある男に連れ去られてしまった。

カサンドラは逃げた1人の科学者が誰なのかとナイトルームの場所を探すことに問題を絞り、
ライリーをこれ以上巻き込むなというが、ライリーは任務に必要だとコールは反論した。

12モンキーズをhuluで無料視聴

12モンキーズは日本ではhuluにて先行配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※6月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)

スポンサーリンク