「Man on」の正しい意味と使い方 – サッカーの試合で使えるスラング英語

「Soccer is an universal language.」(サッカーは世界の共通語)とサッカー友達が言いました。

みなさんも世界中の人たちとサッカーする機会があるかもしれません。

遊びでやるサッカーを「pick-up game」と言います。

今回は「pick-up game」の試合中に役立つ表現を紹介します。

スポンサーリンク

「Man on」の意味

世界中の人とサッカーしていると、いろいろな表現が出てきます。

最初に「Man on!」と言われたときは「何のこと?スペイン語?」と考えてしまいました。

試合中、ボールをキープすると必ず「Man on!」と言われますが、「メノン」と聞こえます。

これは「敵の選手がボールを奪いに近づいているぞ!」という警告です。

他のスポーツでも使える表現かどうかを調べてみましたが、どうもサッカーだけの言葉のようです。

2人の選手が近づいてきた時「Two man ons」と言われました。

「前置詞(on)に(s)をつけることはできない、文法的間違いではないか?」と試合中に考え込んでしまいました。

これは「manon」と名詞化しているからでしょう。

関連表現

サッカー
「man on」以外にも、多用される表現はあります。

「cross」

クロスは交差する、ゴール前にいる選手がセンタリングを要求する言葉、「middle」(真ん中)とも言えます。

「Good D」

「D」は「defense」の省略で「素晴らしい守りだ!」です。

「easy」

ボールを持っている選手に「慌ててボールを蹴るな、周りをよく見てパスしろ」です。

「fight」

日本ではスポーツの応援で「ファイト」と言いますが、英語では喧嘩のことです。

「get out」

「ボールをゴール前から蹴ろ」もちろん「clear」(クリア)でも大丈夫です。

「line」

ラインとは「前にいる選手にパスをしろ」、ボールがライン(線)を描く感じです。

「pressure」

「相手のボールを奪いにいけ」です。

「settle」

「ボールを落ち着いて止めて」です。

「switch」

スイッチはサイドチェンジ、逆サイドへボールをパスすることです。

「Take your time」

「時間をかけてドリブルしろ」です。

「Take a shot.」

「シュートしろ」です。

多用される「Fuck」

試合中多用される言葉は、残念ながら「fuck」です。

シュートを外した時や、反則された時などに連発されます。

一人つぶやいている時はいいのですが、他人に対して怒っているときは「calm down」(落ち着いて)と言って下さい。

スペイン語での「Man on」

サッカー
世界の共通語サッカーですが、南米、スペインなどスペイン語が話される国で人気があります。

そこで、試合中使われるスペイン語のサッカー用語をいくつかご紹介します。

「ladron」(ラドロン)

スペイン語で「泥棒」のことで、「man on」と同じで敵の選手がボールを奪いにきている時に使います。

「chingar」(チンガー)・「puta」(プータ)

これは英語の「fuck」と同じ意味で、これを連発する選手には注意して下さい。

「tranquilo」(トランキーロ)

「冷静になって」は「calm down」と同じです。

「buena」(ブエナ)

英語の「good」と同じ意味で、 良いプレーをした時はこの言葉で褒めましょう。

まとめ

「man on」はサッカー独特の単語です、サッカーをする機会があったら使って下さい。

その他にもサッカーの試合で使われる表現はたくさんあります。

世界の共通語サッカーですが、ぶつかり合いの多い激しいスポーツですので、汚い言葉には気をつけてください。

ただそれ以上に、世界中の人と出会えて、素晴らしい経験ができると思います。

サッカーは世界中に友人を作れるスポーツ、ぜひ楽しんで多くの友達を作って下さい。

スポンサーリンク