【かんたん英会話】若者の間で流行ってる言葉

日本語でも、若者が好んで使う流行りの言葉がありますよね。

英語でも同じです。

今回は、若者の間で現在流行っている言葉をご紹介します。


スポンサーリンク

“Cool!”(カッコイイ!、すげ~!) の様な意味

若者の間で流行り
皆さんもご存じの”cool”や”awesome”という言葉。

“He is pretty cool.”
(彼はかなりいい感じだよね。)

“That movie was awesome!”
(あの映画はまじ良かった!)

の様な感じで表すことが出来ますが、若者達が言うと、

”Jay’s party last night was lit. You should’ve come.”
(昨日のジェイのパーティー超やばかったぜ。お前も来れば良かったのに。)

このように ”lit”という言葉を使って”awesome”と同じような意味を表しています。

また、ハードコアですごい!みたいな感じの時は、

“You chugged a whole bottle of whisky!? That’s savage!”
(ウイスキー丸ごと一本一気飲みしたって!? マジすげー!)

と、”savage”という単語を使います。

仲の良い友達

若者の間で流行り
“Friends”と言いたいところですが、若者たちの間では違う言葉を好んで使います。

”fam”または”squad”などと言って、仲の良い友達グループを指します。

例1:“What are you doing tonight?”
(今夜何するの?)

“I’m going to the movies with the squad.”
(友達と映画見に行くの。)

例2:“What’s up, fam?”
(よっ!元気?)

その他、知ってて損はしない表現

若者の間で流行り

AF

これは”as fuck”が短くなったものです。何かを強調したい時に、文の終わりに付けて使う表現です。

例1:”I’m tired af.”
(マジ超疲れてるんだけど。)

例2:“You are stupid af.”
(お前まじバカ。)

Salty

これは塩辛いの意味もありますが、ちょっと腹立たしい、怒っているという意味にもなります。

“He was salty because he lost the game.”
(彼は試合に負けたのでご機嫌斜めだった。)

Hangry

“hungry”と”angry”をくっつけたもの。お腹がすきすぎて、イライラしてくる時の感情を表現する単語です。

“I haven’t eaten since this morning. I am starting to get hangry.”
(朝以降なにも食べてないの。空腹でイライラしてきたわ。)

I can’t even.

これは、何か信じられない事を見た、聞いた時に、感情を言葉に表せる事が困難な場合に使う一言です。その出来事が良いことでも、悪いことでも、両方のシナリオで使用できます。

例1:”Did you hear what Justin did to Courtney?”
(ジャスティンがコートニーになにをしでかしたか聞いた?)

“I can’t even.”
(まじありえないわー。)

例2:“Did you watch the cute cat video I sent you?”
(可愛い猫の動画送ったやつ観た?)

“OMG! I can’t even!”
(可愛すぎて即死だわ~)

まとめ

日本でも、おじさんおばさん年代が無理に若者の言葉を使って、場がしらけてしまう時がありますよね。

英語でも同じです。

時と場合を考えて、ここで紹介した表現を使うことをおススメします!

スポンサーリンク