【スラング英語の教科書】「Potluck(ポットラック)」の正しい意味と使い方

ポットラックっていったい何か知っていますか?アメリカのパーティー文化の1つで、日本でも最近注目を浴びてきているポットラックについてご紹介します!

【スラング英語の教科書】「Potluck(ポットラック)」の正しい意味と使い方

スポンサードリンク

「Potluck(ポットラック)」とは


Potluck(ポットラック)」とは、参加者がそれぞれ、食べ物やデザートを買ってきたり、ときにはつくってきたりしてみんなで一緒に食事することです。

各々が食事をもってくることで、コストもやすくなり、アメリカではコミュニティーなどのミーティングや、仕事の打ち合わせとしても活用されています。

ポットラックの歴史

Potluck(ポットラック)」は16世紀からはじまり、招待されていないお客にも食事を提供してあげるものとしてはじまりました。

当時、煮込み料理はお店でも使われており、お客さんがきたらすぐにだせるようにメニューとかにはなかったようです。そして、美味しい具材がでてくるかは鍋次第ということから「luck」「pot」といいます。

19、20世紀にポットラッチの影響をうけて、アメリカ文化として浸透していきました。

スポンサードリンク

ポットラックの料理

ポットラックの料理は何をもっていくかは各々が考えてもっていきます。

例えば、オーブン料理やサラダ、デザート、時間がない人や料理ができない人はお店で買ってきても大丈夫です。

ポットラックは各々の料理センスもみられるので、何を選ぶかはけっこう重要なポイントです。

ポットラックについてわかりやすい動画をご参考に^^

スポンサードリンク

【会話に役立つ!知っておきたいスラング単語・フレーズ一覧表】