【スラング英語の教科書】My pleasure(マイプレジャー)の意味と正しい使い方

「どういたしまして。」と伝えるには英語でどのように言うかご存知ですか?
そんなときに使えるフレーズが“My pleasure.”(マイプレジャー)です。
「学校では”You’re welcome.”って習ったはずだけど…何が違うの?」と思った方も多いと思います。
そこで今回はMy pleasureの意味と使い方をお教えします。

【スラング英語の教科書】My pleasure(マイプレジャー)の意味と正しい使い方

スポンサーリンク

My pleasure(マイプレジャー)の意味

【基礎英語の教科書】My pleasureの意味と正しい使い方
My pleasureは”Thank you.”(ありがとう。)に対する返答で、大まかには「どういたしまして。」の意味です。ネイティブは「どういたしまして。」の意味で使いますが、”No need to thank me, it was my pleasure to do that for you.” (わたしに感謝なんてしなくていいんだよ、あなたの役に立ててとてもうれしいよ。)という意味の表現から来ているものです。

例 : Thanks for dinner. – My pleasure.
訳 : 夕食をありがとう。 – どういたしまして。

You’re welcome. との違い

基本的に”My pleasure”と同じ意味です。しかし日本語でも「ありがとう」と言われたとき、「どういたしまして」だけではなく、「いいえ」や「こちらこそ」などと言う時もありますよね。英語でもそのように使い分けます。
My pleasureはネイティブには少し古風で、丁寧な表現に聞こえるようです。フォーマルな場で使うのが良いでしょう。より丁寧に言いたい場合は、It was my pleasure.とも言うことができます。

英語で「どういたしまして」を伝えるフレーズ7選

丁寧なフレーズ
この2つのフレーズは丁寧に「どういたしまして」を伝えるフレーズです。上司や目上の人と話すときやに使えます。

・ My pleasure.
例 : Thank you very much for coming. – My pleasure.
訳 : お越しいただき誠にありがとうございます。 – こちらこそ。

・ You’re welcome.
このフレーズは比較的アメリカで多く使われる表現で、イギリスではあまり使われません。しかし丁寧な表現なので様々な場面で使えて便利です。

例 : Thanks for washing the dog. – You’re welcome.
訳 : 犬を洗ってくれてありがとう。 – どういたしまして。

この2つのフレーズは、丁寧に聞こえる表現なので目上の方にも使いやすい表現です。丁寧さはMy pleasure. > You’re welcome.の順です。フォーマルな場でなくてもよく聞く表現です。

 

気軽なフレーズ
こちらの5つのフレーズは友達や家族と話すときによく使われる表現です。You’re welcome.だけでなくこれらのフレーズをサラッと言えるようになるとかっこいいので、どんどん使ってみましょう!

・ Anytime.
anytimeは文字通り「いつでも」という意味で、”Thank you.”の返答として使う場合は「いつでも力になるよ」という意味で使われます。

例 : Thanks for the ride. – Anytime.
訳 : 送ってくれてありがとう。 – いつでもどうぞ。

・ Don’t mention it.
mentionは言及する、言う、という意味です。このフレーズを直訳すると「そんなこと言わないで。」となりますが、日本語だと「気にしないで。」という表現と似ています。
例 : Thanks for lendig me a book. – Don’t mention it.
訳 : 本を貸してくれてありがとう。 – 気にしないで。

・ No problem.
よく使われるフレーズなのでご存知の方も多いかと思います。「問題ないよ。」という意味です。友達にはもちろん、知らない人に感謝されたときなどにも使えます。また、友達同士でふざけて”No problemo.”(ノー・プロブレイモ)とスペイン語風に言う人もいます。

例 : Thanks for your help. – No problem.
訳 : 手伝ってくれてありがとう。 – いいえ。

・ That’s OK.
例 : Thank you for waiting. – That’s OK.
訳 : 待っててくれてありがとう。- いいんだよ。

・ That’s alright.
That’s OK.とThat’s alright.はどちらも意味にほとんど違いはありません。「どういたしまして」の返答としてだけでなく、「ごめんね」の返答など非常に多くの場で使えるフレーズなので覚えておきましょう。

例 : Thanks for the beer. – That’s alright.
訳 : ビールをありがとう。 – どういたしまして。

こちらの5つは気軽に「どういたしまして」と言いたい時に使えるフレーズです。どのフレーズも「どういたしまして」の意味ですが、日本語に訳すと”Anytime.”は「いつでもどうぞ。」、”Don’t mention it.”は「気にしないで。」、あとの3つは「いいんだよ。」というニュアンスになります。

まとめ

【スラング英語の教科書】My pleasure(マイプレジャー)の意味と正しい使い方

・ My pleasure(マイプレジャー)の意味

・ You’re welcome. との違い

・ 英語で「どういたしまして」を伝えるフレーズ7選

スポンサーリンク