【スラング英語の教科書】「anorak」の正しい意味と使いかた

anorakという単語を聞いたことがありますか?

実はこの単語には全く異なる2つの意味が秘められているんです。

どんな意味が気になりますよね?

それではさっそく見ていきましょう!

anorakの正しい意味

スポンサーリンク
anorakの1つ目の意味は「フード付きの防寒用上着」。

いわゆる日本のパーカーのことです。(ちなみに英語でparkaと言うとフードにモコモコが付いた冬用のジャケットのことを指します)

もう1つの意味は「ダサいやつ・つまらない趣味にのめり込む人」。

つまり「オタク」を表す単語なのです。

anorakの正しい使い方

パーカーの意味の場合

My anorak was good in the cold room.
(私のパーカーは寒い部屋で役に立った)

Why are you always wearing that orange anorak?
(なんでいつもそのオレンジのパーカー着てるの?)

オタクの意味の場合

I’m a little an anorak of AKB actually.
(実は私AKBオタクなんだよね)

He likes reading PC magazine, she’s an anorak.
(彼はパソコン雑誌ばかり読んでる。パソコンオタクなんだ)

オタク

anorakの言葉の由来

今の時代と変わらず以前も多くの「機械オタク」がいました。

そんな人々が好んで着ていたのがラフでお洒落っ気のないパーカー(anorak)。

それ以来anorak=機械オタクの意味が定着したと言われています。

昔は機械系のオタクのみを指していましたが最近では「一見変わった趣味に没頭している人」という広義で使われるようになっています。

犬

「オタク」を表す関連語

geek (変態・ばか)

I’m an Japanese anime geek.
(私は日本のアニメオタクなんですよ)

nerd (無能な人・まぬけ)

Like seriously, I’m not going out with him anymore, because he’s a nerd.
(ていうか彼とはもう出掛けない。オタクなんだもん)

big fan of (〜の大ファン)

I’m big fan of Lady Gaga.
(レディーガガオタクなの)

「オタク」を表す言葉には色々なものがあります。

ぜひどんどん使ってみてください。

スポンサーリンク