【スラング英語の教科書】「86」の正しい意味と使い方~レストランで使えるスラングとフレーズ

「86」(Eighty-Six)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これはレストラン業界で使われるスラングで、「これはもう品切れ」「この客にはサービズするな」という意味です。

もし、みなさんがアメリカの日本食レストランで働くことになったら、聞くかもしれないスラング「86」を紹介します。

スポンサーリンク

「86」の使い方

アメリカの寿司屋のウェイターに、トロの注文がきたとします。

ウェイターの方がアメリカ人のシェフから「86 the toro」言われたら、これは「トロはもうありません」という意味になります。

ウェイターの方は「Okay, the toro was 86ed.」(オーケー、トロは品切れですね)と答えられます。

バーテンダーが「The guy was drunk. He was 86ed」と言ったら、「この客は酔ったので、サービスしないことにした」という意味になります。

「86」の由来は?

86 スラング 意味
「86」の由来をインターネットで調べてみると、多くの説があります。

  1. アメリカ禁酒法時代に酒を出していた、ニューヨークの86 Bedford Streetにあったバーに由来するという説。
  2. アメリカ海軍の暗号コードで廃棄処分を意味した、ATT-6が86に聞こえたことからという説。
  3. アメリカの酒好きの俳優の部屋の名前からきたという説。

などがありますが、はっきりしません。

86はレストラン関係者以外は使わないかもしれませんが、歌や小説のタイトルで使われたりするスラングですので、知識として覚えておきましょう。

日本でも人気のアニメ映画『カーズ』でも86.チック・ヒックスというキャラクターが登場しますが、車の番号は86です。他の車を攻撃し、出場不能にすることから、この番号になったと言われています。

「86」以外のレストラン用語

アメリカのレストランでは知っておくと便利な用語は他にもたくさんあります。

À la carte

メニューから1品ずつ注文することです。

BYOB

「Bring Your Own bottles」の略で、自分で飲み物(主に酒類)をレストランに持ってきてください、という意味です。

Combo

マクドナルドなどのレストランで、ハンバーガーだけでなく飲み物とフライドポテトなどをつけることです。

Happy hour

午後3時から7時くらいまでの、レストランの暇な時間にメニューが安くなる時間帯です。

Ghost restaurant

幽霊レストランとはネットでオーダー専門のレストランです。

Omakase

「シェフにおまかせ」です。

寿司が好きなアメリカ人ならわかるかもしれません。

知らない人には教えてあげてください。

signature dish

そのレストランの名物料理のことです。

The frst come first serve

予約を受け付けない、最初にきた人からサービスするということです。

Cheers、Bottoms up、Toast

乾杯です。

ちなみに「Toast(トースト)」にはパンの意味がありますが、少し公式なパーティでの乾杯の意味もあります。

Doggy(doggie) bag

食事を持ち帰るときの入れ物です。

アメリカでは通じない?和製英語

86 スラング 意味
日本のレストランで使われているカタカナ用語、もしかしたらアメリカでは通じないかもしれません。

Morning set

モーニングセットは、西洋式のパンとコーヒーなどを合わせた朝食ですが、英語では単なる「breakfast」です。

朝食に関してはホテルでは「Continental breakfast」(パン、フルーツ、コーヒーなど)という言葉があります。

Service lunch

ランチタイムのサービスという意味ですが、英語では「Daily special」の方が通じます。

Calorie off

カロリーの低いは「Low calories」と言います。

Free drink

飲み放題もよく誤解を招く和製英語として、話題になります。

確かに「free」はこの場合「無料」のニュアンスを与えます。

Free refills」、「All-you can drink」の方がいいです。

Last order

レストラン終了前の最後のオーダー、意味は伝わると思いますが「Last call」がアメリカではよく使われます。

ジョッキ

Beer mug」です。

ちなみに「Coffee mug」はコーヒーカップです。

Family restauran

英語では「Family friendly restaurant」の方がわかりやすいです。

Viking style

バイキングスタイルは、「Buffet」で食べ放題を意味します。

「Buffett」と語尾に「t」を2つつけると、有名な投資家ウォーレン・バフェット氏になりますので注意してください。

Fried potato

フライドポテトは「French fries」か「Fries」です。

Take out

持ち帰りのことですが、ファーストフード店では「To go」が一般的です。

まとめ

86 スラング 意味
レストランや食事は皆さんの楽しみです。

また、友達を増やす機会でもあり、ビジネスの場とは違った英語を学べます。

酒を飲んで多くの友達を作りましょう。

でも、86されないように気をつけてください。

スポンサーリンク