「主要人物」12モンキーズ シーズン2第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

ウイルスが発生してしまう最初の原因であるジェニファーをライリーは止め、ジェニファーがばらまこうとしていたウイルスを燃やした。
時間軸が変わり、歴史は変わった。しかし、まだ疫病を食い止めることはできていなかった。

「主要人物」12モンキーズ シーズン2第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

スポンサーリンク

「12モンキーズ」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ感想

【2016年】
未来をしっていたライリーは疫病はまずニューヨークで発生し、明日世界の11都市でも確認されると伝え、ジェニファーを殺し、飛行機にあるウイルスを破壊すべきと知っていた。
ジェニファーはウイルスを渡し、ウイルスを燃やしたライリーたちは時が変え換えられていった。しかし、コールがまだ消えないことからまだ何かが変わっていないと知り、ラムズに情報をはかせるためにライリーはラムズを連れて未来に戻った。

スポンサーリンク

「主要人物」12モンキーズ シーズン2第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

「役目がある」とジェニファーは母親から洗脳を受けており、世界を滅ぼせばコールとずっと一緒にいられると母親の声を聞いていたが、607号室についてコールとライリーが結ばれていることを知りショックを受ける。

【2044年】
ライリーたちは必死に壊してしまったタイムマシーンを復旧していた。タイムマシーンを復旧し、1番でライリーは2016年に戻ってきたのであった。

未来にもどってたライリーはウイルスを破壊したことを伝え、2年遅れの2018年に疫病が流行することをしった。歴史が塗り替えられ、今の現状をしっているのは注射をうっていたジョーンズとライリーとラムズだけであった。

まだ、疫病が流行るのは過去に送ってしまった12モンキーズたちが原因だと考えた。そしてラムズは息子のサミュエルが生きていることを知る。
「主要人物」12モンキーズ シーズン2第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】
ジョーンズたちは「娘たち」という謎な集団に襲われ、コールを連れ戻すよう要求された。
その集団はコールがジェニファーに対して何周期も前に慈悲の道を選んだことに借りを返すときがきたという。
その謎な集団はジェニファーであった。
「主要人物」12モンキーズ シーズン2第2話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

未来にきてからライリーはすっかり変わってしまい、任務を全うすることを優先しコールとも仲がこじれてしまった。

12モンキーズをhuluで無料視聴

12モンキーズは日本ではHuluにて先行配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※6月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)


スポンサーリンク