【フィリピン語(タガログ語)の教科書】「家族・友達」の呼び名を意味するフレーズ


今回はフィリピン語(タガログ語)で家族や友達の呼び名を意味するフレーズをご紹介します。

【フィリピン語(タガログ語)の教科書】「家族・友達」の呼び名を意味するフレーズ

スポンサーリンク

「家族・友達」の呼び名を意味するフレーズ

お母さん

mama/ina(ママ/イナ)

inaは昔の用語になります。

【例文】
Maagang nagising si Mama.
(ママは早起きした。)

お父さん

papa/ama(パパ/アマ)

amaは昔の用語になります。

【例文】
Dumating si Papa kanina.
(パパはちょっと前に到着した。)

スポンサーリンク

息子

anak(アナック)

【例文】
anak na lalaki
(両親の親戚の息子)

若者/息子

iho(イーホ)

iha(イーハ)

「anak」「iho」「iha」は自分の息子・娘以外にも使います。

ぼうや

totoy/utoy(トートイ/ウートイ)

totoyは昔の用語になります。

お嬢ちゃん

nene/ineng(ネーネ/イネン)

neneは昔の用語になります。

おじいちゃん

lolo(ローロ)

【例文】
Mahal ko ang lolo ko.
(私はおじいちゃんを愛しています。)

ang lolo
「そのおじいちゃん」という意味になります。「ang」は英語でいうtheになります。

ang lolo ko
「私のおじいちゃん」という意味になります。「ko」は英語でいうmyになります。

おばあちゃん

lola(ローラ)

おじさん(親しみがある人)

tiyo/tito(ティーヨ/ティート)

【例文】
Nakita mo ba ang tito ko?
(私のおじさんみましたか?)

英語でいうuncleになります。

titoが主に今では使われています。tiyoは昔の人が使う用語になります。

「Tito Ben」のように後に名前をつけていう場合もあります。

おじさん(親しみがない人)

mama(マーマ)

おばさん(親しみがある人)

tiya/tita(ティーヤ/ティータ)

【例文】
Tumawa ang tita ko.
(私のおばさんは笑っていた。)

titaが主に今では使われています。tiyaは昔の人が使う用語になります。

おばさん(親しみがない人)

ale(アーレ)

お兄さん(親しみがある人)

kuya(クーヤ)

知らない男性に呼びかけるときに「お兄さん!」というときに使うイメージです。

お兄さん/おじさん

manong(マノン)

日本語でいう「おっちゃん」みたいなイメージです。

お姉さん(親しみがある人)

ate(アーテ)

お姉さん/おばさん

manang(マナン)

目上の男性

Sir(セル)

あまり親しくない男性

Mister(ミステル)

目上の女性

mam/Ma’am(マム/マアム)

あまり親しくない女性

Miss/Inday(ミス/インダイ)

ボス

boss/bosing(ボス/ボシン)

同輩

pare(パーレ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フィリピン料理をご家庭でも食べたい方へ、フィリピン料理通販「SariSari」

スポンサーリンク