【スラング英語の教科書】Yup(ヤップ)の正しい意味と使い方


何か質問をして「Yup」と返答されたことはありませんか?

Yupはスラング英語として、頻繁に使用される英語になります。カジュアルな関係の方には、是非「Yup」を使いこなしてみましょう!

【スラング英語の教科書】Yup(ヤップ)の正しい意味と使い方

Yupとは

【スラング英語の教科書】Yup(ヤップ)の正しい意味と使い方
Yupは「yes」とほとんど同じ意味ですが、ニュアンス的にはカジュアルに「うん」といいたいときに使います。

そのため、Yupを使うときはカジュアルな関係な方にいうのがスムーズでしょう。

対義語としては、「nope」です。「no」を「nope」というのと一緒です。

発音

Yupの発音は「ヤップ」といいます。

例文

女性 Oh I got some great shoes at the mall, do you like them dear?
男性 yup.

(かっこい靴をモールでゲットしたぜ!この靴、気に入ってくれた?)
(うん!)

上記の例文で、「靴、気に入ってくれた?」と仲のいい人にきかれて、「はい!」はおかしいですよね。そういうときは「yup」といいましょう!

参照:参考

スポンサードリンク

【1日1分かんたん英字新聞】

「1日1分かんたん英字新聞」 では、英語を話せるようになりたい!少しでも勉強したいけど時間がない!そんな方に隙間時間で読めるボリュームで定期的にメルマガで役立つ情報を無料でお届けします。

受験勉強、TOEIC、英語が話せるようになりたい方にはおすすめです。コラムとして、恋人が英語のネイティブで英語の先生をしているので、スラング表現などもご紹介します。

また、私は韓国語やタガログ語も話せるので、別の言語から見た英語もご紹介♪
メルマガ登録は無料なのでお気軽に下記フォームからご登録ください♪


【1日1分かんたん英字新聞】
☆メールアドレス☆

Trackbacks