ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第1話のあらすじとネタバレ【hulu配信】


テッククランチ・ディスラプトで見事に優勝したパイドパイパー社。リチャードは投資の依頼もたくさん受け、シリコンバレーの皆が追い回している存在となった。リチャードはこれから何千人もの経営者となりはじめようとしている。

ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第1話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

スポンサーリンク

「シリコンバレー」シーズン2第1話のあらすじとネタバレ

【VCとパイドパイパーの駆け引き】

リチャードはお金の調達を受け失敗した人からの助言をうけ、VCを慎重に選ぶことにする。

ピーターグレゴリーとの条件をどうするか考えていたリチャードたちは、突如グレゴリーが死去したことを知る。

グレゴリーはタンザニアのサファリにおり、テントにカバが迷い込んできて、ガイドがライフルで撃とうとしたら、銃声に驚きテントから逃げだして、走るのが久しぶりすぎて、最期になってしまった。

スポンサーリンク

グレゴリーが死去し、アーリックはベンチャーキャピタルを変更しようと試みる。モニカはリチャードたちに1~2日待てといっても、リチャードたちがVCと会っていることに気がつかなかった。
それに敏感に気づいたのが、グレゴローの代わりに代表になったローリン・ブリームである。
ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第1話のあらすじとネタバレ【hulu配信】
VCがパイドパイパーを狙いつつ圧力で値切ってくる交渉で苦戦するリチャードたちは逆に圧力をかけ値上げさせる作戦にでた。

評価額が4000万までいったリチャードたちはどんどん交渉するVCをうまく怒らして評価額をあげていく。7500万までいったアーリックは態度の悪さと評価額は見事に比例することを確信した。

他社の評価額を汲み取っていたローリーは評価額1億を提示した。しかし、モニカはローリーに内緒でその条件を断るよういい、高すぎる評価額はかえって会社の首をしめるだけ、株価があがらないとグランドダウンに陥り若いCEO終る。地道に半分の出資額で頑張ってとリチャードに伝えた。

困ったリチャードは資金調達を受けて失敗した人に再度相談し、その人が資金調達をうけすぎて失敗したということを知ってしまい、半額の5000万で受けることに決めた。

【ギャビンの逆襲】
ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第1話のあらすじとネタバレ【hulu配信】
一方で惨敗したギャビンはこれからデータの最終戦争から世界を救うのはニュークリアスだとパイドパイパーに負けずにもがく。そして、ギャビンはパイドパイパー社の所有権を主張し、パイドパイパーに訴訟することになる・・・。

シリコンバレーをhuluで無料視聴

シリコンバレーは日本ではhuluにて先行配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※6月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)

Trackbacks