ドラマ「シリコンバレー」シーズン1第8話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

テッククランチ・ディスラプトの主催者はアーリックが自分の妻と寝たとしておそいかかり、パイドパイパーチームは自動的に決勝までいくことができた。いよいよ、ギャビン・ベルソンとの一騎打ちがはじまる。

ドラマ「シリコンバレー」シーズン1第8話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

スポンサーリンク

「シリコンバレー」シーズン1第8話のあらすじとネタバレ

ドラマ「シリコンバレー」シーズン1第8話のあらすじとネタバレ

ギャビン・ベルソンの予選を一応みにきたリチャードたちは、ギャビンの製品である「ニュークリアス」は多機能なうえに、圧縮スコアがなんと「2.89」であることを知ってしまい、愕然とする。
リバースエンジニアによって完璧に解析されてしまったパイドパイパーは圧縮スコアが同じであり、3Dの圧縮技術が弱いことからもう勝ち目がないと諦めかけそうになる。

スポンサーリンク

ダンはまだ諦めるわけにはいかない、うまく方向転換ができて成功したスタートアップは多いという。決勝前日にして、パイドパイパーはアイディアを探し模索し始める。一方で、ディネッシュとギルフォイはもうこの先、貧乏になることを恐れ就職先を探し出す。このように、ピンチが迫った時のリアルな人間心情を描いている。

モニカももうギャビンには勝てないと思い、即金でギャビンに売った方がよかったかもしれないといいだす。

プレゼン自体もやるだけ恥だと考え、どん詰まりになったが、みんながくだらない話をし始めているところに「真ん中からはじめる」というあるヒントを見いだしたリチャード。

ドラマ「シリコンバレー」シーズン1第8話のあらすじとネタバレ

朝まで寝ずに突破口をつくったリチャードは自分でスピーチをはじめる。
データの取り扱い方、処理できるデータの分量などの議論をもとにリチャードは「ミドルアウト」という方法について考えた。上下左右に同時に作用するやり方である。そのときにやった圧縮スコアが3.8であったという。ドラマ「シリコンバレー」シーズン1第8話のあらすじとネタバレ

実際に3Dファイルを圧縮してくれと言われたリチャードたちは 5.2を記録し、ギルフォイに見事に勝利した。

シリコンバレーをhuluで無料視聴

シリコンバレーは日本ではhuluにて先行配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※6月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)

スポンサーリンク