アンダーソン追放!?アウトキャスト(outcast)シーズン1第8話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】


シドニーを悪魔だと告発したアンダーソンは、住人から冷ややかな目で見られ、ついには追放されてしまう!?

カイルは、シドニーのもとに訪れて、悪霊の真相の一部をきくことになる。

アンダーソン追放!?アウトキャスト(outcast)シーズン1第8話のあらすじとネタバレ感想【hulu配信】

スポンサーリンク

アウトキャスト(outcast)ネタバレ感想

シドニーが連行される

シドニーはガイルズ署長によって暴行罪として連行された。それを見ていたカイルはアンダーソンにその事実を伝えた。

逮捕されたことをきいたアンダーソンは、それじゃあ、シドニーのおもうつぼだといい、急いで追いかけた。

カイルの家には娘のアンバーはいるが、アリソンは帰ってしまったという。

スポンサーリンク

シドニーとカイル

娘のアンバーをつれて、カイルは母親のお見舞いにいった。

そこで、花瓶に花があり、誰かがお見舞いにきていたことをしる。職員にきくと、シドニーであった。

そこで、カイルはシドニーに質問しにいく。

シドニーは、
「人を選ぶことができない。善人にもとりつくこともある。シドニーにとりついたものも変わり者でね」とシドニーは答えた。

カイルはなぜ自分のまわりでこんなことが起こるかきくと、

「君はマッチのようだ、おかげで道がみやすくなった」
とシドニーはいう。

シドニーの過去

シドニーはかつておもちゃ屋で働いていた。おもちゃ屋にきていた、子供を家で監禁していた。

怪奇な事件がつづく

ガイルズも年に数回だった怪奇な事件が増えていることに気になっていた。

オグデンの妻キャット

追悼式のときにあった呪われている女性はオグデンの奥さんであった。

アンダーソンはオグデンの奥さんキャットをカイルの家に無理やりつれていった。

ガイルズ署長は、オグデンに呪われた奥さんとキャンピングカーについて関係があるかきくと、

キャンピングカーで人を隠していたという。他にも6人いるという。

カイルは、キャットの中にはまだ本当のキャットが残っていると悪霊払いを断った。

しかし、アンダーソンは、追悼式で悪霊について暴露してしまったため、また街の笑い者になると思い、強引にカイルの手をのせた。

ガイルズ署長がかけつけ、アンダーソンは退散した。

追放されるアンダーソン

アンダーソンは家に帰ると、教徒の者たちがきていた。

先日の追悼式のひどさをふまえて、辞職の申請をだしたから、協会から荷物をまとめるように伝えた。

カイルの告白

カイルはアリソンを暴行した時のことをついに妹のメーガンにはなした。

カイルはアリソンがアンバーをなぐっているのを止めるために殴った。

そして、今、アリソンは昔の記憶を思い出して自暴自棄になっているかもしれないから、カイルは探しにいくと伝えた。

解放されたシドニー

解放されたシドニーは家に戻ると、アーロンが家にいた。
アーロンは、アンダーソンのことを消してくれとシドニーに頼んだ。

アウトキャスト(OUTCAST)をhuluで無料視聴

アウトキャストは日本ではhuluにて配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

※8,9月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)