「奥様は、取り扱い注意」第7話のあらすじとネタバレ感想

平和だった街と家庭に崩壊の危機が訪れる!勇輝の正体がいよいよ明らかに?

「奥様は取り扱い注意」第7話のネタバレ感想です。

スポンサーリンク

チャペルアテンダーから工作員へ

暴力事件を起こし街にいられなくなった若き日の菜美(綾瀬はるか)は東京でチャペルアテンダーとして働いていました。
ある結婚式で命を狙われた大使を助けたところ、大使が実は諜報機関の支局長だったため、それがきっかけで菜美は工作員となっていきます。

今度の趣味は音楽会

奥様は、取り扱い注意
菜美達仲良し3人は友恵(霧島れいか)の音楽会に参加しています。
音楽会のあと、菜美達は友恵から大学時代に付き合っていた初恋の彼氏を探して欲しいと依頼されます。
菜美達が探偵をしていると街で噂になっているようです。
友恵は余命半年の病に犯されており、残された時間にやりたいことを考えた時に、それしか浮かばなかったそうです。

京子と優里それぞれの問題

奥様は、取り扱い注意
京子が(本田翼)家に帰ると、姑から家をあけすぎと注意を受けます。いざという時に追い出されるのはあなたとプレッシャーも受けてしまいます。
優里(広末涼子)には例の合コンの日程が決まったとメールが届きます。夫の啓輔(石黒賢)の愛のない態度に優里は、合コンに参加するという返事をしてしまいます。

10年後20年後の愛を誓う菜美

奥様は、取り扱い注意
一方の菜美は今日も勇輝(西嶋秀俊)と仲良く夕食を食べています。今日あった出来事や、次の休みに何をするかなどいつもの何気ない話を楽しみます。
菜美は勇輝に、昔の彼女のことを思い出すことがあるか聞きますが、勇輝は菜美といると全く他の女性のことは考えない、ときっぱり言います。
私も綾瀬はるかにこれだけ愛されていたら、他の女性のことなど一切考えないでしょう。それよりも自分が綾瀬はるかに愛される資格があるかどうか、常に不安で仕方ないと思います。

菜美は勇輝の返事を聞いて喜びます。
「10年後も20年後も他の人のことなんか思い出す暇がないくらい、笑いあっていたいな。」
今回も感動のシーンがありました。幸せなシーンで感動できるのはとてもよいですね。

元恋人探しの期限は1週間

奥様は、取り扱い注意
友恵の元彼の手がかりはほとんどありませんが、大事な検査まで1週間しかないので、その間に探せるよう努力する約束をします。菜美はクリーニング店の元仲間を再び訪ね、人探しを依頼します。
夫の勇輝がたまたま5日間福岡に出張のため、残り4日間は自由に動けます。

それぞれの家庭に崩壊の危機が

奥様は、取り扱い注意
京子は夫の携帯を盗み見て、浮気を確信してしまいます。優里は合コンでイケメン大学生とメールを交換します。その裏では犯罪組織が財産を狙っています。
菜美は安泰かと思っていましたが、福岡に行っているはずの勇輝のホテルの窓からは、東京タワーが見えています。

余命宣告されて気付いた生きる目的

菜美は友恵の元カレを見つけ出し、友恵の元に連れて行きます。友恵は経済的な安定を求め20年前に彼と別れました。
20年間自分を殺して家庭を守って来ましたが、余命宣告された時すでに、自分は死んでいた(本当の自分を偽り続けて生きて来た)ことに気づきます。
最後のわがままになるかもしれないから、どうしても押し通したいと言います。
結局友恵は夫と別れ、元彼と一緒に街を出て行きます。

それぞれの受け止め方

奥様は、取り扱い注意
京子は「きっと後悔するはず」と言い、優里は「私も同じことをしたかも」と言い、菜美は友恵が言った「上辺だけを取り繕って生きる」を思い出していました。
3人それぞれが自分の気持ちや過去を隠しながら今を取り繕っている、それが愛する人への裏切りではないと信じてやり過ごしている。ドラマが進むたびに内容が深くなって行き、心理が複雑になって来てめちゃくちゃ面白いです。
勇輝が出張から帰って来て、いつものイチャつくシーンになりますが、勇輝の雰囲気から、菜美は嘘を感じてしまいます。
次回はどうなるのでしょうか。ハッピーエンドはなさそうです。

「奥様は、取り扱い注意」をHuluで見直そう!

Huluは月額933円で全て見放題!
月に何本もレンタルする方はhuluがおトクかも!?

いまなら、2週間の無料トライアルキャンペーン実施中!

もちろん、いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます。

スポンサーリンク