【スラング英語の教科書】「Okey dokey(オキドキ)」の正しい意味と使い方

「Okey dokey」は「OK」のスラング表現であることを知っていますか?

リズム感あるフレーズである「Okey dokey」について今回はご紹介します。

【スラング英語の教科書】「Okey dokey(オキドキ)」の正しい意味と使い方

スポンサードリンク

Okey dokey(オキドキ)の正しい意味と使い方

【スラング英語の教科書】「Okey dokey(オキドキ)」の正しい意味と使い方
「Okey dokey」は「OK」のスラング表現で、意味は「OK」と同じ意味で使います。

「Okey dokey」は単語2つ続けていうことで、リズム感があるため、カジュアルなシーンで使われるようになりました。

オックスフォードの辞書によると、「Okey dokey」は少し古くさい表現になります。

書き方は、「Okey dokey」の他に、「okay-doke」「okey-doke」「okee-doke」とも表します。意味はすべて同じです。

スポンサードリンク

同意するときや受け入れるとき

「Okey dokey」の一般的な使い方は、OKと同じように、「わかった!」という意味で使います。

【例文】
‘I’ll be a bit late tonight.’ ‘Okey doke!’
(今夜は少し遅れるよ!)
(わかったよ!)

話を切り出すとき

「Okey dokey」の別の意味として、「well」と同じように、「えっと」「それじゃあ」という意味があります。

【例文】
Okey-dokey, who’s got the answer to number three?
(それじゃあ、誰かNO3の答えわかる人いる?)

参照:http://www.macmillandictionary.com/dictionary/british/okey-dokey
http://blog.oxforddictionaries.com/2012/07/okey-dokey/

スポンサードリンク

【会話に役立つ!知っておきたいスラング単語・フレーズ一覧表】