かんたんドイツ語会話!「どういたしまして」「気にしないで」を表す厳選フレーズ12選

「ありがとう」と言われると当たり前ですが、とっても嬉しいですよね!にっこり笑って「どういたしまして」と言うことができれば、ドイツ語でうまくコミュニケーションがとれます。

今回はドイツ語で「どういたしまして」「気にしないで」の言い方をご紹介します。

かんたんドイツ語会話!「どういたしまして」「気にしないで」を表す厳選フレーズ

スポンサーリンク

カジュアルな言い方

かんたんドイツ語会話!「どういたしまして」「気にしないで」を表す厳選フレーズ12選

Bitte schön.ビッテ シェーン

「Bitte schön」は最もよく使われる「どういたしまして」の表現です。

レストランで料理を運んできた店の人に、こちらが「ダンケ(ありがとう)」というと「ビッテシェーン」と言ってくれるでしょう。

Bitte sehr.ビッテ ゼア

「Bitte sehr」はBitte schönよりも少しくだけた表現です。

Bitte.ビッテ

軽い感謝には「Bitte」だけでも十分です。ただし、ぶっきらぼうにならないよう、笑顔でいいましょう。

Dafür nicht!ダフュア ニヒト

これも「どういたしまして」という意味の表現です。ドイツ語圏のなかでも北部(ハンブルクやベルリンなど)でよく使われます。

特にカジュアルな表現なので、目上の人に言う場合やビジネスシーンでは使いません。

Gerne.ゲァネ

「Gerne」は「喜んで。」という意味で、英語の“my pleasure“に当たります。

「喜んでしたことですから、感謝には及びませんよ。」という感覚ですね。

Gern geschehen.ゲァン ゲシェーエン

「Gern geschehen」はGerneをより丁寧にした言い回しです。

丁寧な言い方

Das hat mich auch sehr gefreut! ダス ハット ミッヒ アオホ ゼア ゲフロイト

「Das hat mich auch sehr gefreut!」 は「喜んでいただけて私も嬉しいです」という意味です。

直訳すると、「私にとっても大変な喜びでした」になります。

Das Vergnügen ist ganz auf meiner Seite. ダス フェアゲニューゲン イスト ガンツ アウフ マイナー ザイテ

「Das Vergnügen ist ganz auf meiner Seite.」は「こちらこそ嬉しく存じます」という意味になります。

“Das hat mich auch sehr gefreut!“よりもさらに丁寧な表現です。

ちょっと古臭い感じがしますが、フォーマルな場で使う表現です。日常会話で使うとむしろすこし大げさな印象を受けます。

気にしないでの表現

Nichts zu danken.ニヒツ ツー ダンケン

「Nichts zu danken」は、「ありがとうと言うほどのことではないよ。」という意味になります。

感謝されるまでもないことをしてあげた時に使う表現です。これも表情によってはぶっきらぼうな印象をうけるので、笑顔を忘れずにしましょう。

Keine Ursache.カイネ ウアザッヒェ

「Keine Ursache」は「とんでもないです。」という意味です。

Ursacheは「動機」や「原因」という意味で、keineは否定語を表します。

Das macht nichts aus.ダス マハト ニヒツ アウス

「Das macht nichts aus」は「何でもないことだよ」「大したことないよ」という意味になります。

省略してMacht nichts.(マハト ニヒツ)と言うこともあります。これも自分は大したことをしたわけじゃないので気にしないで、と言いたい時に使える表現です。

Kein Problem.カイン プロブレーム

Kein Problemは、「問題ないよ。」という意味になります。

特に相手が申し訳なさそうに「ありがとう」と言ったときに使います。

英語のNo problemと同じ用法ですが、「プロブレム」ではなく「プロブレーム」と最後のoを伸ばして発音するので注意しましょう。

スポンサーリンク