【スラング英語の教科書】BFFの正しい意味と使い方


「BFF」は若者がみる海外ドラマをみていると一度はみかけるスラング用語ではないでしょうか?特にアメリカで流行っている学園もの系の「ゴシップガール」「グリー」「The O.C.」「ミーンガールズ」などの青春ドラマではセリフによくでてきます。今回はこの「BFF」についてご紹介します。

【スラング英語の教科書】BFFの意味と使い方

BFF(ビーエフエフ)の意味とは

【スラング英語の教科書】BFFの意味と使い方
「BFF」は「Best Friends Forever」の省略系で大親友、一生の友達という意味になります。主に女性に対して使う言葉で、メールなどでも使ったりします。女性のなかでも、10代の女性が使う言葉で20代以降の人は基本的に使いません。

読み方はそのまま「ビーエフエフ」といいます。

例文:That guy is my BFF, we have been friends our whole lives and we will until we die.
(あの子は私の親友、いつも一緒にいる友達だわ!死ぬまでずっとね!)

BFFのその他の意味

「Big Fat Friend/Female」

めっちゃデブできもいという卑劣な意味になります。使い方には注意しましょう!

例文:Man that girl is such a BFF, she is so fat and annoying
(あの女はBFFのようだわ、デブだしいらいらさせるし。)

「Best Fucking Friend」

かなりスラングな略し語になりますが、「Best Friends Forever」という意味もかけ合わせて、セフレという意味になります。

例文:dude, you rock! you’re the bff (best fucking friend) i’ve ever had!!!
(すごい!今までやったなかでお前が1番だよ。)

まとめ

BBFは主に10代の若者が使う言葉なので、年配の女性がつかうと、変な目でみられるかもしれないので、使うときには注意しましょう。

大親友でなくとも気軽につかったりする言葉なので、仲のいい友達に是非つかってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

【1日1分かんたん英字新聞】

「1日1分かんたん英字新聞」 では、英語を話せるようになりたい!少しでも勉強したいけど時間がない!そんな方に隙間時間で読めるボリュームで定期的にメルマガで役立つ情報を無料でお届けします。

受験勉強、TOEIC、英語が話せるようになりたい方にはおすすめです。コラムとして、恋人が英語のネイティブで英語の先生をしているので、スラング表現などもご紹介します。

また、私は韓国語やタガログ語も話せるので、別の言語から見た英語もご紹介♪
メルマガ登録は無料なのでお気軽に下記フォームからご登録ください♪


【1日1分かんたん英字新聞】
☆メールアドレス☆

Trackbacks