【かんたん英会話】空港で使えるフレーズ集!日本から北米編 パート1

初めての海外出張、または海外旅行。

ドキドキワクワクしますよね?

しかし、英語が得意でない方は、ちょっと不安になってしまうかもしれません。

でも安心してください!

日本から現地に着くまでの流れと、覚えていた方が良い英語や表現をご紹介しますので出発前に少しお勉強しましょう。

スポンサーリンク

空港からいざ出発

空港
まず初めに、空港には余裕をもって到着するようにしましょう。

航空会社によって定められた、チェックイン(搭乗手続き)の時間帯なども事前にチェックして下さい。

また、航空会社(例えばJALやANAなど)のホームページに、空港到着から飛行機搭乗までの流れが詳しく説明されていますので参考にして下さい。

機内持ち込みの荷物のサイズや重量、預け入れの荷物のルール、機内に持ち込みが出来ない物のリスト(例えばハサミ、スプレーなど)。

また、機内に持ち込める液体の量も厳しく制限されています。

このような情報は、航空会社のホームページにより習得可能ですので必ずチェックしておきましょう。

誤って規定以上の液体物、または刃物類を手荷物に入れてしまうと、セキュリティーチェックの際に引っかかってカバンの中身を全て調べられる事になります。

飛行機に搭乗するまでは日本の空港ですので、この時点で英語の心配をする必要は全くありません。

搭乗手続き、セキュリティーチェック、出国手続きを終えましたら搭乗までリラックスして過ごしましょう。

機内で早速英会話

飛行機内
日本発着便の飛行機には、日本語が話せる乗務員が一人は必ずと言っていいほど搭乗しています。

英語が全くダメな方、または問題があって英語では少し説明しにくいという方は、日本語可能な乗務員にお願いしましょう。

“I’m sorry. No English. Japanese please.”
(ごめんなさい。英語ダメです。日本語でお願いします。)

大変ブロークンな英語ですが、言いたい事は通じます。

“OK. I will go get someone who speaks Japanese.”
(分かりました。日本語を話す者を連れてまいります。)

と答えてくれるでしょう。

機内が寒い時

日本から北米の飛行機の旅は長いですから、出来るだけ快適に過ごしたいですよね。

女性の方なら、特に機内が寒く感じる方が多いのではないでしょうか。

長時間のフライトの場合、薄い毛布が一枚と、枕が一つ座席に置いてあります。

もう一枚毛布が欲しいのであれば、

“Could I have another blanket?”
(毛布をもう一枚もらえますか?)

枕がもう一個欲しい場合は、blanket の所をpillowに置き換えましょう。

お食事サービスの時

“Would you like beef or chicken?”
(ビーフとチキンどちらになさいますか?)

“Chicken, please.”
(チキンでお願いします。)

“Would you like something to drink?”
(お飲み物はいかがですか?)

“I would like a coke, please.”
(コーラをお願いします。)

“Would you like an omelette or Japanese porridge?”
(オムレツかおかゆどちらになさいますか?)

また、お食事サービス時によく客室乗務員の方が「(後ろに座っている人のために)席を元の位置に戻してください」と声がけするときがあります。

“Could you please put your seat back up?”
(椅子を元の位置に戻してください。)

この表現は、離陸や着陸の際にも言われますので覚えておきましょう。

“Could you please put your tray and your seat back up?”
(トレーと椅子を元の位置に戻してください。)

といった感じです。

たまに食事サービスの間に寝てしまい、ご飯を食べ損なってしまう場合があるかもしれません。

そんな時は、

“I missed the meal service. Could I get something to eat, please?”
(食事サービスを逃してしまいました。何か食べるものをいただけませんか?)

そして、長時間のフライトでは水分補給が非常に大切です。

のどが乾いたなと思ったら遠慮せず、

“Could I get some water?”
(お水もらえますか?)

と申し出ましょう。

まとめ

日本から北米方面への空の旅は大変長いですから、少しでも快適に過ごせるようにゆったりとした洋服を着用したり、ネックピローを持参したりすることをお勧めします。

また、お手洗いの際に少し機内を歩くのもいいでしょう。

真ん中の席、窓側の席に座っている場合、

“Excuse me. I need to go to the bathroom.”
または、
“Excuse me. I need to use the bathroom.”
(すいません。お手洗いに行きたいのですが。)

と言って通路を開けてもらいましょう。

では、快適な空の旅を!

Have a nice flight!

パート2では、飛行機を降りてから空港を出るまでを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク