【スラング英語の教科書】I LOVE YOU?「143」の正しい意味と使い方

SNSなどでよくみかける「143」って何の省略で何の意味か知っていますか?今日は、英語の省略ワードについてご紹介します。

【スラング英語の教科書】I LOVE YOU?「143」の正しい意味と使い方

スポンサードリンク

「143」の意味

「I LOVE YOU」

「143」は一般的に「I LOVE YOU」の意味で、「I LOVE YOU」の文字がそれぞれ1、4、3個の文字でできていることから「143」と言います。

「私も(さらに)愛しているよ。」といい返す場合は同じように「143 too.」「143 more.」といってみてもいいでしょう。

【例文】
男:Mary 143.
女:143 too.
(メアリー愛してるよ!私も愛しているよ)

スポンサードリンク

「I miss you」

「I miss you」も文字が1、4、3個であることから、「143」といったりもします。

「143」が「I miss you」なのか「I LOVE YOU」なのかは文章によりますが、特に決まりはありません。

「I hate you」

「I hate you」も文字の数が同じことから「143」と嫌みでいったります。

書き方は「-143」とも書いたりします。こちらも特定の決まりはありません。

アクセサリーの「143」

【スラング英語の教科書】I LOVE YOU?「143」の正しい意味と使い方
「143」は「I LOVE YOU」という意味で、アクセサリーのデザインとしてもアメリカでは使われています。

「I LOVE YOU」がスペース的に刻印できないときは、「143」と刻印してみてはいかがでしょうか?お洒落で可愛いですね^^

スポンサードリンク

【会話に役立つ!知っておきたいスラング単語・フレーズ一覧表】