「暴走する評価減」ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

パイドパイパー社はVCの評価額1億まで達し順調であった矢先に、ギャビンからのまたもや仕打ちである訴訟を受けることになる。
訴訟では多額のお金がかかり、今までVCからちやほやされていたリチャードたちは逆行してVCから断られることになる。

ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

スポンサーリンク

ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ

「暴走する評価減」ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ【hulu配信】
フーリー社がパイドパイパーを訴訟しはじめ戸惑うリチャードたちであった。訴訟にかかる出資金がとても必要になったリチャードたちであったが、ローリンは訴訟中はパイドパイパーに資金提供しないといいはじめた。訴訟金や訴訟で負けた場合を考えるとそこまで負担するのはリスク過ぎると判断したのだ。モニカはダサい服で諦めさせる作戦にでるが成功はしなかったものの、リチャードたちは他のVCを探しにいく。

スポンサーリンク

しかしリチャードたちは訴訟に払うお金はない・以前のおちょくった商談が今に響きVCから次々と断られていく。

「暴走する評価減」ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

ディネシュはいとこが開発したブローという挨拶をおくる「Yo」と同じようなアプリのクラウドファンディングにお金を投げることにしていた。しかしお金がとけてしまった現在、そのプロジェクトが失敗するよう参画する。思惑とは真逆にブローは目標到達額に達し、成功してしまったのだ。
ブローアプリからたまたまとったアポでは技術を求めてくるVCと商談となったが、それはフーリー社と同じく技術を盗もうとする会社であった。そんな形でVCに苦戦するも、弁護士から連絡があり、訴訟費が無料になる知らせを受ける。

「暴走する評価減」ドラマ「シリコンバレー」シーズン2第2話のあらすじとネタバレ【hulu配信】

そんな状況の中、リチャードを突如ギャビンが呼び出した。
ニュークリアスが成功する前にフーリー社にこないかというとんでもない提案であった。そんな提案にリチャードは何て答えるだろうか・・・。

シリコンバレーをhuluで無料視聴

シリコンバレーは日本ではHuluにて先行配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※6月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)