「断てない過去」アウトキャスト(outcast)シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想


カイルと母親は元々は仲のいい幸せな家族であった。しかし、あるとき突然母親のサラは倒れ込み、何かに取り憑かれたかのように泥を全身に塗り、泥を食べはじめた。

「断てない過去」アウトキャスト(outcast)シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

スポンサーリンク

「断てない過去」アウトキャストシーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

牧師のアンダーソンは市民に悪霊を対処するために何がおこっても大丈夫なように備えるよう協会で説教した。
突然街に戻ったカールに対して、市民は本当に闇の力があるのか怯える。カイルは子供のジョシアを殴ったとして子供に対する虐待だとして、警察も厳しい目でみていた。

そんな悩みに対して、アンダーソンは悪霊をさける方法は信者の数を増やすだけだ、協会をいっぱいにすると信者を増やすリクルーティングを市民に呼びかけた。

スポンサーリンク

ガイルズ署長は昔からの友人であるアンダーソンに備えることに関しては理解を示しつつも、カイルは自分たちの若いときと比べてもやばい存在だと伝えた。そんな中、動物が何匹も木に刺されていると通報をうけたガイルズたちは奇妙な光景を目撃した。
「断てない過去」アウトキャスト(outcast)シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

カイルの元妻であるアリソンはカイルの娘アンバーがカイルを忘れてくれるよう、努力していた。アンバーもそんな状態になれてきていたが、カイルが来ないのはアリソンのせいだと思っている。
自分の娘に接触禁止令をうけているカイルは娘の誕生日に本をプレゼントするようメーガンに依頼した。
「断てない過去」アウトキャスト(outcast)シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

母親の部屋でシーツが乱れていて、上から水がこぼれている跡を見つけたカールは事務員にも相談するが、信じられなかったカールは母親を自宅に連れ戻した。
母親がおかしくなってから、カイルは母親に襲われそうになり部屋の中に閉じ込めたことがあった。その過去がフラッシュバックするかのようにカイルは思い出す。

「断てない過去」アウトキャスト(outcast)シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

悪霊がさった状態なのに、母親はもうろうとしている状態であり、なんとなかならないかカイルは模索するが、アンダーソンに家に母親をかくまっていることをばれてしまう。
カイルは日光を照らしたり、自分の血を母親にふりかけるが、取り憑かれているときは効果があったが、効果はなかった。母親は病院にもどされ、そこに謎な黒のハットをかぶった男が現れ、「カイルを捕まえたよ」と言い捨て帰っていった。母親は涙を流す・・・
「断てない過去」アウトキャスト(outcast)シーズン1第2話のあらすじとネタバレ感想

アウトキャスト(OUTCAST)をhuluで無料視聴

アウトキャストは日本ではhuluにて配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※6月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)

Trackbacks