当初は映画化される予定だった!?ゴシップガールに隠された知られざる事実28選【ネタバレ】


ゴシップガールの裏側の秘密とスキャンダルが満載の『ゴシップガール』。2007年から放送が開始され、若い女性に圧倒的な人気をだしたゴシップガールでは、意外と知られていない舞台の裏側があります。ここでは、『ゴシップガール』のストーリーや出演者に関する28の事実を紹介します。

目次

当初は映画化される予定だった!?ゴシップガールに隠された知られざる事実28選【ネタバレ】

①当初は映画化される予定だった

当初は映画化される予定でした。セリーナの親友であるブレア役として、女優のリンジー・ローハンの出演も決定していたようです。

②ホームスクーリングが一緒

交際中のペン・バッジリーとブレイク・ライブリーは、子供の頃一緒にホームスクーリングを受けていました。

※ ホームスクーリングとはアメリカなどでは盛んで、家庭を拠点としながら大部分の時間を戸外の教育機関で過ごす、在宅教育です。

③ゴシップガールの日

ニューヨーク市では、1月26日は『ゴシップガールの日』!ゴシップガール撮影現場を訪れた当時の市長マイケルブルームバーグが、作中のニューヨーク市の姿に感動して制定したそうです。

④ニューヨーク市での撮影料

ニューヨーク市での撮影料は、一日なんと10,000ドル~60,000ドル!

⑤当初のジョージーナ役の出演者

当初は映画化される予定だった!?ゴシップガールに隠された知られざる事実28選【ネタバレ】
当初ジョージ―ナ・スパークス役でオファーを受けていたミーシャ・バートンですが、断ってマリッサ・クーパーを演じています。ジョージ―ナ役には、のちにミシェル・トラクテンバーグが抜擢されました。

⑥ブレアの地毛はブロンド

当初は映画化される予定だった!?ゴシップガールに隠された知られざる事実28選【ネタバレ】
レイトン・ミースターは本来ブロンドですが、黒髪のブレアを演じるために髪を染めています。

⑦ダンはポップソングをつくっていた

ダン役のペン・バッジリーは、12歳の頃にポップソングを自主制作しています。残念ながらリリースはされなかったとか。

⑧ルーファスとリリーは以前交際していた

ルーファスとリリーは以前交際していた
マシュー・セトルとケリー・ラザフォードは、作中で恋人同士のルーファスとリリーを演じましたが、実は本作で共演する以前から実生活でも交際していました。

⑨ブレイクライブリーは結婚式の翌日にダンとの挙式をした

ブレイク・ライブリーは、実生活でライアン・レイノルズと結婚式を挙げた、まさにその翌日に、今度はセリーナ役としてダンとの挙式のためにウェディングドレスを試着しました。ドラマのためとはいえ、ライアン・レイノルズは複雑な気持ちだったでしょう笑

⑩ブレアの服装スタイル

ブレアの服装スタイル
ブレアの服装は、オードリー・ヘップバーンのファッションスタイルを参考にしています。

⑪セリーナの服装スタイル

一方セリーナの服装は、シエナ・ミラーとケイト・モスを参考にしています。

⑫680万ドルでセリーナ一家のマンションが売れた

680万ドルでセリーナ一家のマンションが売れた
セリーナ一家が住んでいたアッパー・イーストサイドのマンションは、のちに680万ドルで売却されました。

⑬チャックのホテルは実在していた

チャックが経営している帝国ホテルは実在していた!ホテル内のバーでは、原材料が一切明かされていないスペシャルカクテル「XOXOカクテル」を提供しています。

⑭エド・ウェストウィックはネイト役をしたかった!?

エド・ウェストウィックは、ネイト役でオーディションを受けましたが、「ロマンスの相手というよりは連続殺人犯みたい」という無慈悲な評価を受けて落選、チャック役を演じることになりました。

⑮ペン・バッジリーは俳優をやめようとしていた

ペン・バッジリーは俳優をやめようとしていた
ダン役にキャスティングされた時、ペン・バッジリーは俳優をやめようとしていました。現に、出演を承諾するまでに2度もこのオファーを蹴っており、俳優廃業への決意がいかに堅かったか分かります。

⑯ゴシップガールの広報は酷評を宣伝文句にした

テレビ番組の内容が子供たちにとって適切かどうかをチェックする、アメリカの市民団体「Parents Television Council」は、『ゴシップガール』を「極めて不適切で、子を持つ親にとっては悪夢のような作品」と評しました。しかし、広報担当者はこの酷評を逆手に取り、のちに作品の宣伝文句として採用したのです。

⑰衣装デザインはエリック・ダマン

衣装デザインはエリック・ダマン ゴシップガール
劇中の衣装デザインは、『セックス・アンド・ザ・シティ』でエミー賞を獲得したスタイリスト、エリック・ダマンが担当しています。

⑱ドロータのスピンオフがある!?

ドロータのスピンオフがある!? ゴシップガール
ズザンナ・シャコフスキー演じるウォルドーフ家に仕えるメイドのドロータの、スピンオフがある!?物語では、ネイトのイギリス人家政婦であるドロータと、チャック家の雇い人ラルッサとの恋模様が描かれています。

⑲ジェニー・ハンフリー主演のスピンオフが企画されていた

ジェニー・ハンフリー主演のスピンオフが企画されていた ゴシップガール
ジェニー・ハンフリーを主人公にしたスピンオフ作品が企画されていましたが、テイラー・モンセンが女優をやめて音楽の道に進んだため、制作はされませんでした。

⑳チャックとブレア

チャックとブレア ゴシップガール
チャックとブレアは、何度も将来を約束しあう仲です。

21 エド・ウェストウィックは元々、イギリス英語

エド・ウェストウィックはイギリス出身です。ゴシップガールの劇中でアメリカ英語を話す際には、アメリカのコメディ番組『The Flesh Prince of Bel-Air』のカールトン・バンクスのアクセントを真似しています。

22 ヴァネッサの原作はスキンヘッドに黒ずくめ

ヴァネッサの原作はスキンヘッドに黒ずくめ
ドラマ版に登場する登場人物のほとんどは、原作の設定そのままに表現されています。しかしヴァネッサだけは例外。原作ではスキンヘッドに黒ずくめでしたが、ドラマ化にあたって設定が変更されました。

23 ダン一家の家はダンポという別の町

エピソード1で、ダン一家はウィリアムズバーグに住んでいると言っていますが、実際に一家のアパートがあるのは、ダンボという別の町。どちらにせよ、ブルックリン在住には変わりないので、大した問題ではないのですが・・・。

24 貧しいと思われていたダン一家の場所は高級住宅地

貧しいと思われていたダン一家の場所は高級住宅地
ダン一家は、ブルックリン出身ということで、アッパーイーストエンド出身の同級生たちに比べて貧しいと思われていますが、実は両者とも、1区画(1フィート四方)で約1,400ドルもするほどの高級住宅地なのです。

25 リリーとその姉キャロルのスピンオフは結局実現しなかった

リリーとその姉キャロル(ブリタニー・スノウ)を中心にしたスピンオフ作品、『Valley Girls』の制作が予定されていました。パイロット版の評判は振るわず、同じ監督がメガホンをとっている全米大ヒットドラマ『The O.C.』のキャラクターを出張出演させる案も出ましたが、結局実現には至りませんでした。

26 ジェニーはブレアと仲直りして一緒に仕事をしていた

最終話で、ジェニーが持っていたショッピングバッグには「J by Waldorf」の文字が。制作スタッフは、「ジェニーはブレアと仲直りして、一緒に仕事をしている」という裏設定を考えていたようです。

27 シリーズ序盤でダンがゴシップガールだとわかるシーンがあった!

シリーズ序盤でダンがゴシップガールだとわかるシーンがあった!
シリーズ序盤の段階で、ゴシップガールの正体がダンだと示唆されていた!?パイロット版エピソードの始めの5分に、ダンがコンピューターで何かを打ち込んでいるシーンがあります。シリーズ最大の秘密は、放送開始の6年前にすでに明らかにされていたのでした。

28 ペン・バッジリーはゴシップガールの正体を最後まで知らなかった

ダンを演じたペン・バッジリーですが、ゴシップガールの正体が暴露されるシーンを撮影するまで、自分がゴシップガールだということを知らなかったそうです。

まとめ

当初は映画化される予定だった!?ゴシップガールに隠された知られざる事実28選【ネタバレ】

1 当初は映画化される予定だった

2 ダンとセリーナはホームスクーリングが一緒だった

3 1/26はゴシップガールの日

4 ニューヨーク市での撮影料は一日10,000ドル~60,000ドル

5 当初のジョージーナ役はミーシャ・バートン

6 ブレアの地毛はブロンド

7 ダンはポップソングをつくっていた

8 ルーファスとリリーは以前交際していた

9 ブレイクライブリーは結婚式の翌日にダンとの挙式をした

10 ブレアの服装スタイル

11 セリーナの服装スタイル

12 680万ドルでセリーナ一家のマンションが売れた

13 チャックのホテルは実在していた

14 エド・ウェストウィックはネイト役をしたかった!?

15 ペン・バッジリーは俳優をやめようとしていた

16 ゴシップガールの広報は酷評を宣伝文句にした

17 衣装デザインはエリック・ダマン

18 ドロータのスピンオフがある!?

19 ジェニー・ハンフリー主演のスピンオフが企画されていた

20 チャックとブレア

21 エド・ウェストウィックは元々、イギリス英語

22 ヴァネッサの原作はスキンヘッドに黒ずくめ

23 ダン一家の家はウィリアムズバーグではなく、ダンポという別の町

24 貧しいと思われていたダン一家の場所は実は高級住宅地

25 リリーとその姉キャロルのスピンオフは結局実現しなかった

26 ジェニーはブレアと仲直りして一緒に仕事をしていた

27 シリーズ序盤でダンがゴシップガールだとわかるシーンがあった!

28 ペン・バッジリーはゴシップガールの正体を最後まで知らなかった

ゴシップガールをhuluで無料視聴

「ゴシップガール」は日本ではhuluにて配信されています。
huluとは映画やドラマなど10000本以上のコンテンツを、スマホやタブレットからどこでも視聴できるオンライン動画配信サービスです。

■月額:933円(税抜き)
※7月なら2週間無料キャンペーン中!

私も早速登録して見ていますが、海外ドラマや日本の人気ドラマが膨大な量で、なにより高画質で見ることができます。合わなかったら2週間以内にやめれば実質タダです。(笑)