こっそり公開!ライザップ中の食事について【ネタバレ】


ライザップ中の食事公開!ライザップをこれからやる人や、ライザップはやらないけど、ダイエット法を知りたい方にはオススメです。

こっそり公開!ライザップ中の食事について【ネタバレ】

スポンサーリンク

低糖質食がメイン

ライザップには食事ガイドラインというものがあります。

メインは低糖質食になります。低糖質食とは、主食を抜いて、糖質オフの食事法です。

具体的にいうと、炭水化物をはじめとした糖質の摂取を一食20g以内に抑える食事方法です。

スポンサーリンク

食べてはいけないもの

ごはん、そば、パン、麺など、
※食べてもいいものもたくさんあります。

積極的に食べるもの

体重が落ちてくると筋肉量も落ちるため、タンパク質のおかずをメインにとります。
鶏肉、豆腐、豆、魚

食事のボリューム

昼>朝>夜の順番にボリュームは調整する。

9時以降は基本的に食べないようにする。

食材を選ぶ

食材はしっかりトレーナーと相談して選ぶようにします。

100円サプリのオーガランドで栄養素をサプリで補うのもありですね。

NGフード

バナナ、りんご、ジャガイモ、サツマイモ 糖質があるため春雨もNG、ビール
※一応、飲んでも大丈夫な酒類はあります。
※果物は意外と糖分が多いです。

例えば、ローソンのブランパン、塩キャベツ。
パンの中でも食べてもいいものもあります。

トレーナーが食事をチェック

食事メニューは毎日トレーナーがチェックしてくれます。
いいものやダメな食事は、指摘してくれます。
自宅でのライザッププログラムもカウンセリングがあります。

最終的には、自分で低糖質食の管理ができるようになってくるようです。

仮にリバウンドしても、自分でまたダイエットできるようになるようです。

食事だけではなく、ダイエットにはトレーニングも必要です。基礎代謝をあげて、太りにくい身体をつくることが大切です。




スポンサーリンク